【腹痛注意】インドの屋台で怪しい食べ物注文してみた【女一人旅】

外国の屋台で売ってる食べ物って、なんだか食べる勇気がでない

衛生状態・保存状況・食品の鮮度、どれをとっても信用がならないからだ。きっとそんな理由で屋台の食べ物を敬遠している人は私だけではないはず。しかもここは、他ならぬインド。腹痛や食中毒などを引き起こしても、保証をしてくれるところなどどこにもなく、することなすことすべて自己責任となる。

でもせっかくインドに来たのだから…と、私は屋台飯に挑戦することにした。

 

ニューデリーにある世界遺産クトゥブ・ミナールのほど近くに屋台を発見。

 

こちらがクトゥブ・ミナール👇

f:id:hitoritrip:20180305155034j:image

 

 

こちらが発見した屋台👇

f:id:hitoritrip:20180305155045j:image

 

インド人のおじさんが集まって楽しそうにしている。他の屋台に比べて、まあまあ綺麗そうだし、下水で食器を洗っている様子もないし、まあ大丈夫かな?と思い、こちらで屋台飯に挑もうと決めた。

 

 

 

きつね色の丸いものが見えたので、揚げパンのようなものかと思ったが、屋台のおじさんに聞いてみたら「ポテトだよ~」とのこと。ほうほう、ポテトか。お腹にたまりそうだしなんだか美味しそう

 

そうして、1つ注文してみた。お値段は20ルピーくらいだったかな。日本円にして30~40円ほど。うーん安い!

 

 

屋台のおじさんが、まずはこの写真右下にある揚げポテト👇を、手でぐちゃぐちゃに潰し始めた。

 

f:id:hitoritrip:20180305155104j:image

 

おじさんが持っているのが、潰し終わったポテト👆手で潰したことにはうええと思いながらも、工程を眺め続ける。

 

すると、今度は超怪しげな緑のソースをたっぷりかけているではないか…(同写真矢印)この時点で大きな不安に駆られるも、ただ完成を待つしかない私。

 

 

しかも、揚げポテトの盛り付けはこれでは終わらなかった。緑のソースの隣にある、更に怪しげな白いネトネトした液体(下写真矢印)をかけているのだ

 

f:id:hitoritrip:20180305155108j:image

 

 

もうどうにでもなれ・・・

 

 

そう思ったところで、揚げポテトが盛られた器が差し出された。どうやら完成したようだ。

 

 

 

ではみなさんにもお見せしよう。

 

今回挑んだ屋台飯「揚げポテト」の最終形態がこちら!!

 

 

 

 

 

 

どーーーーーん!!!!!

 

f:id:hitoritrip:20180305155157j:image

 

うおあーーーなんじゃこりゃあああああ!!!

 

食べ物ですか?

これは食べ物ですか?

体に入れても大丈夫なものですか???

 

 

今まで色んな国を旅してきたけれど、こんな見た目の食べ物は初めてだ…。許容の範囲を大幅に超えている。。

 

 

見た目が強烈すぎて完全に食欲を失ったが、一応食べてみることにした。

 

ポテトを一口…うん、確かに油で揚げられたじゃがいもではある。ただ、決して美味しいとは言えないお味…。

緑のソースが形容しがたい不思議な味で、原材料が何なのかまるで想像がつかなかった。上にかけられた白いソースは、、、なんとヨーグルト。ポテトにヨーグルトをかけるなど、常軌を逸した発想に感動すら覚える。

 

 

そしてこの夜…

私の体が下痢で腹痛を訴えたことは言うまでもない。

 

 

インド屋台飯の体験記、いかがだっただろうか。これを見て、「屋台飯食べてみたい!るん♪」となった人はきっといないだろうけど、ネタにはなるので(笑)勇気のある人は一度試してみてね。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!下のネコボタンを押すことでこのブログのランクアップに繋がります。どうぞ応援よろしくお願いします(m´・ω・`)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

 

Twitterもやってます!遊びにきてね~!