【保存版】女海外一人旅に超便利な持ち物10選とその活用法【前編】

海外ひとり旅、できるだけ荷物は少なくいきたい…

でも荷物を削りすぎて不便なのもイヤ…

という方に、安い!軽い!場所を取らない!そんな、海外ひとり旅で超役立つ便利グッズをご紹介します。併せて活用法も伝えていきます。こんな使い道があったんだ!今度やってみよう!と思ってもらえたら幸いです。

 

 

1.大判ストール

絶対に持っていきたい便利グッズが大きめのストール。

ファッションアイテムとして首に巻けば、一気におしゃれな旅人に大変身。寒くなったら羽織れるし、暑くなってもしまうのに場所を取りません

 

さらにバックパッカーなら、バッグにぐるっと巻き付ければ、バックの紐やチャックを開けられる心配も軽減されるので、防犯グッズとしても役立ちます。

 

他にも、ドミトリーのベッドにストールをひっかけて簡易的な目隠しとすることもできます。1枚で何役もこなせる優秀アイテムなので、何枚か持って行っても、現地で気に入ったものを調達してもいいかもしれません。

 

 

2.ウェットティッシュ

何かと便利なのがウェットティッシュ。海外では飲食店でおしぼりがでてこないことも多いので、手や口を拭くのに重宝しますし、テーブルが少し汚れているときにもちょちょっと拭けます。

 

それから旅をしていると汗をかいたり服が汚れてしまうこともあるので、そんなときにウェットティッシュがあれば、簡単に拭き取ることができますよ。一人旅でも清潔でいたい!という人には必ずおすすめしたいグッズの1つです。

 

 

 

3.ジップロック

 私生活では食品の保存くらいでしか使わないジップロックですが、海外一人旅では役立ち度無限大な存在です。

 

まずは小分け用の袋として使う。シャンプーやボディソープ、詰め替えたスキンケアグッズを一纏めにしたり、日本食が恋しくなったときのためのお菓子入れなど、種類別に分けて収納するのに便利。ポーチだとかさばるし、できるだけ占有スペースを少なくしたいという方にはとてもおすすめの使い方。

 

他には簡易的なお財布としても使える。口が閉まるからお金が落ちないし、日本円と外貨を分けておくのも簡単。外から中身が見えてしまうのは防犯上よくないので、持ち歩き用は中が見えないポーチにして、使わないお金を分けてしまっておくのに良いです。

 

さらに驚いたことに、ジップロック小さな洗濯機としても活躍します。下着や薄手のTシャツを入れて、少量の洗剤と水を加えて口を閉めてからシェイク!安宿でランドリーがないところであっても、手を汚さずに洗濯ができてしまいます。小まめに洗えれば荷物も少なくて済むし、なにより簡単で清潔!

 

 

4.着圧ソックス

 いわゆるメディキュット

長時間フライトのときや歩き疲れた夜なんかは、着圧ソックスを履いて休むと次の日の軽さがだいぶ違う。一人旅は足が資本となってくるから、足が重くて外に出られない~なんてことにならないように、前日の足の疲れは着圧ソックスで取り除いておくのがおすすめ。

私は冷却バージョンのメディキュットを持っていて、履くと足全体がひんやりしてとても気持ちいい。暑い国ではひんやりバージョンが重宝すること間違いなし。

 

 

5.速乾タオル

水泳部の人がよく使っている、絞るとすぐに乾く優秀なタオル。以前どこかの国でバックパッカーが持っていて、ソッコー欲しくなって買ったけど超便利です。

現地の海やプールで使うもよし、タオルの用意がない安宿でのシャワー後に使うもよし。速乾タオル1枚さえあれば、他にタオルは必要ない。吸水性はいいし、絞って干しておけばすぐに乾いてバッグに収納できる。

大きさはメーカーによって様々あるので好みのものを選ぶのがいいと思うけれども、個人的にはバスタオルほど大きいものは要らない気がする。スポーツタオルより少し大きめくらいで十分かな。

 

 

いかがでしたか?前編として5つ便利グッズを紹介しましたが、意外なグッズや使い方はありましたか?

後編ではさらに役立つ一人旅アイテムを紹介しています☆続けて後編をご覧になる方はこちらからどうぞ👇

hitorip.hateblo.jp

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!下のネコボタンを押すことでこのブログのランクアップに繋がります。どうぞ応援よろしくお願いします(m´・ω・`)m

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

 

Twitterもやってます!遊びにきてね~!